カナダでクレジットカード作るには。お得なキャッシュバック制度を利用しよう。

カナダでクレジットカードを作りたい。年間費が無料のクレジットカードは?ワーホリに適したクレジットカードは?移民に適したクレジットカードは?カナダでクレジットカードを作るメリットは?  など

本記事ではそんな疑問にお答えします。個人の信用度を築き上げるために、ワーホリ、就労ビザや移民でカナダに滞在する方はなるべく早くクレジットカードを作りましょう。

Tangerineの年間費が無料のクレジットカード

カナダで年間費が無料でお得なカードはコレ!利用金額に応じて最大2%のキャッシュバックがあるので、毎日使いとして便利なクレジットカード。

「tangerine credit card」の画像検索結果

クレジットカードの種類

Tangerineのカードはマスターカード。Visaカードは約200カ国、2千8百万以上の店舗で利用され、マスターカードは210カ国、3千万以上の店舗で利用可能。マスターカード1枚あれば、ほとんどの場所で利用可能ですね。

「tangerine credit card」の画像検索結果

クレジットカードの年間費

年間費は無料

「tangerine credit card」の画像検索結果

カナダでクレジットカード作るにはクレジットヒストリーが必要

ワーホリや移民でカナダに長期滞在する方はカナダでクレジットヒストリーを作らなければなりません。クレジットヒストリーがないと個人の信用度がないとみなされ、住宅ローン、車のローン、携帯電話やインターネットの契約できない場合があります。信用がないと前金で高額のセキュリティーデポジットを支払わなければなりません。なるべく早くクレジットカードを作り、個人の信用度を上げましょう。

もしクレジットカードが作れない場合はセキュアカード(Secured Card)と呼ばれ、ある一定金額を事前に入金(担保)すると所有できるクレジットカードがあるので要検討。Secured Cardもちゃんとしたクレジットカードなのでクレジットヒストリーを築き上げるには有効な手段。

学生ビザ

学生ビザでカナダに来ている方は学生用のクレジットカードを申請。

就労ビザ

カナダでお給料をもらい始めてからクレジットカードの申請。申請に通らない場合は、セキュアカード(Secured Card)を検討しましょう(ワーホリは1年限定なのでワーホリよりは審査に通る可能性が高い)

ワーホリ

こちらも同様、カナダでお給料をもらい始めてからクレジットカードの申請。申請に通らない場合は、セキュアカード(Secured Card)を検討しましょう。

移民

こちらも同様、カナダでお給料をもらい始めてからクレジットカードの申請をしましょう。移民した方向けの銀行口座開設がセットになったNewcomers credit cardが作れるので、要検討。クレジットヒストリーを築き上げるにはVISAカードとMASTERカードを2枚所有して両方のカードを使い分けて全額を毎月支払うことによりクレジットヒストリーが良くなります。2枚持ちを検討しましょう。

日本のクレジットカードを持参

日本のクレジットはカナダのクレジットヒストリーとしてカウントされません。しかし、緊急用として海外キャッシングや海外旅行保険が付帯されているカードを作っておけば、入国後、約3ヶ月(海外旅行保険の適用期間は90日間)は緊急用として使えます。プチ留学やワーホリで入国する方に便利。それ以外にも日本円をチャージして世界各国の通貨を現地ATMで引き出せるサービスもあるので検討しましょう→NEOMONEY。それか、空港でカナダ・ドルに両替するよりレートが良い外貨両替マネーバンクもオススメ。

銀行口座やクレジットカードの便利な比較サイト

銀行口座やクレジットカードを検討する際にオススメするのが、Ratehub。このサイトは銀行口座、クレジットカード、投資、保険、住宅ローンと目的にあった金融商品を比較。銀行口座の場合はアカウントタイプ、毎月の取引回数、残高、場所を選択して自分に合った利用目的で検索することができます。

「rate hub」の画像検索結果

カナダのクレジットカードと日本のクレジットカードの違い

日本では利用した金額を全額支払ったり、支払回数を選択するのが当たり前ですが、カナダでは利用した一部を支払うことが可能(リボ払い)。最低支払い金額と呼ばれる金額を支払うと残りは翌月に繰り越されます。しかし、利息はしっかり上乗せされるので、必ず全額支払いましょう。

リワード(報酬)の金額

Tangerineのクレジットカードは利用金額に応じての2%〜0.5%のリワードがもらえます。年間費が無料で、使った分、キャッシュバックされるお得なクレジットカード。

2%のリワード

食材、家具、レストラン、ホテル、ガソリン、定期的な請求書の支払い、ドラッグストア、ホームセンター、エンターテイメント、公共交通機関とパーキング。

0.5%のリワード

上記以外の支払い。アマゾンやBestBuyで購入する家電。Canadian Tireでの購入も適用されます。例えば、$500の家電を購入した際は$2.50のキャッシュバック。

リワード(報酬)の金額リミット

キャッシュバックの金額に上限はありません。

支払利息と手数料

キャッシュバック以外にも利息や手数料について。

項目 支払利息と手数料
支払利息 19.95%
返済金額のトランスファー料 3%の返済金額もしくは$5.00。
プロモーション期間中の返済金額のトランスファー料 最初の6ヶ月間は1.95%の利息。(その後、19.95%)
外貨換算 2.5%
キャッシング カナダ国内:$3.50。カナダ国外:$5.00
キャッシングの利息 19.95%
残高不足の手数料 $25.0
利用限度額をオーバーした場合 $25.00
Rush Card $25.00
請求書の再発行 1請求書あたり$5.00

 

Tangerine クレジットカードの申し込み方法

申込みにはTangerine銀行の口座開設が必要。Tangerine銀行ってどんな銀行?口座開設するだけで、お金がもらえる方法があるので、こちらを参考にしてください。

口座開設してからの申し込み方法

個人情報を入力。

リワード(報酬)カテゴリーの選択

リワードの種類が2つあります。一つはクレジットカードにクレジットとしてキャッシュバックされる。その場合、2%のキャッシュバックのクレジットに適用されるカテゴリーを2つ選べる。

2つ目は銀行口座にキャッシュバックが入金され、2%のキャッシュバックに適用されるカテゴリーを3つ選べます。それ以外の購入は0.5%のキャッシュバックが適用されます。

クレジットカードにキャッシュバック

申し込みの際に、キャッシュバックの種類を選択。キャッシュバックの2%分が自動的に支払額から引かれます。ここで注意したいのが、コストコ、お酒の購入、Canadian Tire、アマゾンなどは適用外。お店によってクレジットカード会社に登録されているMerchant Category Code (MCC)が違うので要注意。お店の人に聞いても分からない場合が多いので、まずは少額の買い物をして2%のキャッシュバックが適用されるか確認しましょう。

Merchant Category Code (MCC)に適用されるカテゴリーを選択。選択するとロゴがオレンジ色に変わります。

銀行口座へキャッシュバック

Merchant Category Code (MCC)に適用されるカテゴリーを3つ選択しましょう。

申込み完了の確認

必要事項を記入したらApplication Form Statusから申込状況を確認しましょう。

プルダウンメニューでCredit Card Enrollmentを選択。Statuspendingになっていることを確認。

クレジットカードの審査完了

私の場合は申込みの翌日に審査の結果がメールが届きました。メールにもあるようにクレジットカードの情報が反映されるまで2〜3日間かかるので、メールが届いたら2%のキャッシュバックのカテゴリーが正しく設定されているのか確認しましょう。

アカウントの確認

クレジットカードのアカウントが反映されているかはサイトにログインしてチェック。私の場合は審査結果のメールが届いた翌日に反映されていました。その後、Money-Back Credit Cardをクリックしてカードをアクティベート(本人確認)してカードが使えるようにしましょう。

その他にも画面の上部にこのような通知が表示されます。ここからアクティベートすることが可能。

クレジットカードが自宅に届くまでアクティベートできないので要注意。

カードが届いたら、早速ログインしてアクティベートしましょう。私の場合、審査結果のメールから約3営業日でカードが届きました。

カードのアクティベート。

CVCはカード裏にある3桁の番号。PINは4桁。確認の為に2回入力する必要があります。

入力が完了し、Activateをクリック。登録完了だと下記の画面になる。

キャッシュバックのカテゴリー確認

キャッシュバックのカテゴリーの確認はRewardsをクリック。

その後、Change Categoriesを選択。

この画面でカテゴリーの確認をしましょう。

銀行口座へキャッシュバック(カテゴリーを3つ選べます)を選択すると口座開設の画面へ。

キャッシュバックのカテゴリー変更

毎月1回。2%のキャッシュバックのカテゴリーを変更することができます。例えば、来月に引っ越しを控えていて家具を買う場合や旅行でホテルの支払いをする場合は事前に変更が可能。オススメのカテゴリーはメインはGroceries(食材)、Gas(ガソリン代)、Recurring Bills(インターネット代・携帯電話代・光熱費など)。大きな買い物を控えている場合はGas(ガソリン代)のカテゴリーを必要なカテゴリーに変更して対応すると効率良くキャッシュバックを増やすことができる。

キャッシュバックのシミュレーション

毎日使いでいくらのキャッシュバックがあるのかシミュレーション。携帯電話やインターネットの支払いは毎月発生するので、金額が大きい場合はRecurring Billのカテゴリー2%のレートに登録しましょう。

カテゴリー 金額 レート キャッシュバック
食料品 $200 2% $4
外食 $50 2% $1
ドラッグストア $50 2% $1
携帯電話 $50 0.5% $0.25
インターネット $60 0.5% $0.30

 

バンクーバーのインターネット料金についてこちらを参照。

実際に使ったお店のMerchant Category Code (MCC)カテゴリー

実際に購入してMerchant Category Codeのカテゴリーを確認しました。キャッシュバックのパーセンテージはご自身の設定により、変わります。

 

Amazonでの購入

Shopping & ServicesのMCCカテゴリー。0.5%のキャッシュバック。例えば、$500の買い物をすると$2.50のキャッシュバック。

Amazonプライムの購入はSubscriptions & MediaのMCCカテゴリー。0.5%のキャッシュバック。

 

Canadian Tireでの購入

Furnishings, Appliances & DécorのMCCカテゴリー。0.5%のキャッシュバック。例えば、$500の買い物をすると$2.50のキャッシュバック。

 

SPORTCHEKでの購入

Clothing & ShoesのMCCカテゴリー。0.5%のキャッシュバック。

 

DOLLARAMAでの購入

GroceriesのMCCカテゴリー。0.5%のキャッシュバック。

 

Shopper’s Drug Martでの購入

 

Drug Stores & PharmaciesのMCCカテゴリー。0.5%のキャッシュバック。

 

BC Liquorでの購入

Alcohol & BarsのMCCカテゴリー。0.5%のキャッシュバック。

 

Army & Navyでの購入

Clothing & ShoesのMCCカテゴリー。0.5%のキャッシュバック。

 

Wishでの購入

Wishはちょっと怪しい?海外通販(笑)。Clothing & ShoesのMCCカテゴリー。

忘れずに確認しよう。引き落とし口座の確認

クレジットカードで購入した代金の引き落とし口座を確認しましょう。毎月、指定の口座から自動的に支払いを済ませる方法(pre-authorized payments)はまずメイン画面のTransactionsをクリック(PCの確認方法)。

クリックすると既に購入済みで次回の支払いが必要な項目がPending Transactionsと表示されます。

設定を変更したい場合は、白い帯の部分をクリックすると下記の画面で引き落とし口座等を変更できる。

他にもオススメのキャッシュバックのクレジットカード

アメックスのSimplyCashというクレジットカードも年間費が無料で、カテゴリーに関わらず全ての購入で1.25%のキャッシュバックがあるのでオススメ。Tangerineのカードを使い3つのカテゴリー2%のキャッシュバックをもらい、それ以外の買い物にアメックスのSimplyCashを使えば、キャッシュバックの金額を最大限に活用できます。