2019年に行ってよかった子連れハワイ旅行の観光スポット

ハワイへ子連れ旅行して行ってよかった観光スポットを4つご紹介。 ワイキキに子連れ旅行したら絶対に行きたい場所は? 

本記事ではそんな疑問にお答えします。

 

この記事を書いている人はハワイ2回目

2018年と2019年にワイキキに滞在したお父さん。

 

また行きたい観光スポットをご紹介。

 

ヒルトン・ハワイアン・ビレッジ・ワイキキ・ビーチ・リゾートのパラダイスプール

なぜ、オススメ?

・プールの施設が充実している

・子供が一番このプールが好きだったから(当時、6歳と2歳)

・親もゆっくりできる場所だから

 

グランド・ワイキキアンとラグーン・タワーのすぐ近くにある
子連れには最適なプール。

 

2段構造のアクティビティプールで下は小さい子供用、
上はスライダーがあるので小学生以上が楽しめるプール。

 

上と下をつなぐ小さいスライダーもあります(これは小さいこどもも楽しめる)。

 

ジャグジーも2つあり
大人もジャグジーに入りながら子供を見ることができる。

 

プール、ウォータースライダー、タオルスタンドの
営業時間がバラバラなので注意が必要。

 

 

下のプール

 

上のプール

 

営業時間

プールの営業時間は:

午前8時〜午後7時まで。

 

ウォータースライダーの営業時間は:

午前10時〜午後5時まで。

 

タオルスタンドの営業時間は:

午前9時30分〜午後6時30分まで。

 

ウォータースライダ

 

営業時間は:

午前10時〜午後5時まで。

 

4つのウォータースライダーがある。

 

ウォータースライダーを利用するには身長91cm以上

 

ウォータースライダーの最後に落ちる

プールの水深が91cmだと頭が出ないので

ウェブサイトでは137cmに満たない子供は

 

浮き輪(腕に付けるアームリング)や

ライフジャケット(ベストタイプ)の浮き輪が必要

 

 

ウォータースライダーから出る付近は

水深が深いので泳げない子供は注意が必要。

 

4フィートは122センチ。

 

小学校の低学年だとまだ浮き輪なしでは危険

アームフロートと呼ばれる腕と胸に装着する浮き輪がオススメ。

 

 

 

温水ジャグジー

 

 

 

 

温水ジャグジーは2つ。

 

最大9名まで利用可能

5歳未満の利用は禁止。

 

いつも混雑しています。

 

9人以上でも特にスタッフから注意されませんでした。

 

5歳未満であろう子供も特に注意されません。

水深は3フィート(約91センチ)

 

ビーチチェアー

 

プールサイドにありますが、

早いもの勝ち。

 

上と下のエリア両方にある。

 

 

 

シャワー

屋外のシャワー。

 

足元の砂を流すシャワーと

上から浴びるシャワーがあります。

 

 

飲食売店

 

Lagoon Grillという売店があります。

 

ソフトドリンク、アルコール類、

ホットドッグ、サンドイッチ、サラダ、

バーベキューの肉、

スナック(ナチョス、ポテトチップス、クッキー、アイスクリーム、カットフルーツなど)。

 

キッズミールもあり。

 

 

 

 

 

 

 

ホノルル動物園

なぜ、オススメ?

・2時間ぐらい遊べるから

・海で遊ぶにはちょっと天候が悪い時に便利な場所

・奥さんがショッピングに夢中で暇なお父さんか子供連れて行くにはちょうど良い場所

 

東京ドーム3.6個分の広さ(上野動物園と同じぐらい)で

64種類の爬虫類。38種類の哺乳類。

 

160種類の鳥類を飼育しているワイキキビーチのすぐ近くにある動物園。

 

ホノルル動物園の場所

ワイキキビーチとカピオラニ公園の間にある。ワイキキに滞在している方は徒歩で行ける距離。

 

住所

151 Kapahulu Ave, Honolulu, HI 96815 アメリカ合衆国

 

ホノルル動物園へのアクセス

 

 

JCBカードを持っていると無料でピンクラインに乗れます。

 

④番のアストン・ワイキキ・ビーチ・ホテルで降りれば

1ブロックで動物園まで徒歩4分。

 

JCBカードがない場合は

片道$2(大人・子供同一料金。お釣りがでないので要注意)。

 

JCBカードは年間費永久無料がオススメ。

 

 

入園料

大人(13歳以上):$19
子供(3歳〜12歳):$11
2歳以下:無料
支払いは現金、クレジットカード(VISAとマスターに対応)
スタンプをもらえば再入園することも可能。

 

 

 

 

 

ハワイ アウラニ ディズニーの朝食

なぜ、オススメ?

・ミッキーと写真撮影ができる

・食事中にディズニーのキャラクターが来てくれる

・この後、ハレイワにカメを見に行く前に寄れる (この次に紹介)

 

 

2011年8月にオープンしたディズニーリゾート

 

オアフ島の西海岸にある

 

テーマパークはないが、

ホテルにプールなどがある

 

ファミリー向けのリゾート地。

 

ハワイ アウラニ ディズニー レストラン

マカヒキ – バウンティ・オブ・アイランド(島の恵み):Makahiki – The Bounty of the Islands

 

こちらで受付。

 

 

待合エリア

 

 

 

ミッキーマウスとの写真撮影

 

食事中にマイクを付けたスタッフと

歌いながらミニーマウスと店内を歩くこともできます。

 

 

 

 

 

屋外と室内にテーブルがあり。

 

 

ハワイ アウラニ ディズニーの朝食(キャラクター・ブレックファスト)はビュッフェ形式

 

 

 

 

 

 

ハレイワ・アリイ・ビーチのカメ

なぜ、オススメ?

・アウラニのディズニーから近い

・こんな大きなカメを間近で見れるのは珍しい?!

・子供には良い経験

 

ハレイワ・アリイ・ビーチは

オアフ島のノースショアにある

サーフィンで有名なビーチ。

 

毎年プロの大会が行われる場所。

 

しかし、サーファーがいるビーチから少し歩くと

ウミガメが海からあがってきて日光浴をするところが見られる。

 

ビーチの英語名はHaleʻiwa Aliʻi Beach Park。

 

ウミガメはハワイ語でHonu(ホヌ)。

Honu(ホヌ)は守り神として

聖なる生き物とされてきました。

 

ハレイワ・アリイ・ビーチの場所

オアフ島のノースショアにあるビーチ。

 

ワイキキから約54キロ離れている場所。

 

所要時間は約1時間。

 

ハレイワ・アリイ・ビーチ・パークの住所:

 

ハレイワ・アリイ・ビーチのアクセス

ワイキキから遠いのでレンタカーがオススメ。

 

レンタカーは会社によって価格はバラバラ。

 

一括で最安値を調べるならこちらがオススメ。

 

ちなみに日本の運転免許証でレンタカーの運転が可能。ハワイ

 

ちなみにガソリン代は

ワイキキからアウラニ・ディズニー・リゾート & スパへ寄り道して

ハレイワ・アリイ・ビーチ・パークまで行って、

ビーチから直接ワイキキまで帰って約11ドル(約3.3ガロン=約12リットル)。

 

車はミッドサイズのSUVを使用。

 

 

ハレイワ・アリイ・ビーチのウミガメ

ハレイワ・アリイ・ビーチ・パークで

見れるウミガメはアオウミガメと呼ばれる種類。

 

英語ではHawaiian Green Sea Turtle。

 

ハワイではその他にも

Hawksbill(タイマイ)、Leatherback(オサガメ)、

Loggerhead(アカウミガメ)、Olive Ridley(ヒメウミガメ)が生息している。

 

 

 

ツールバーへスキップ