YouTubeチャンネル分析ツール kamui trackerの使い方と特徴。

YouTubeのチャンネル分析ツールのKami Trackerって使えるの? ユーチューブのアナリティクスとどう違うの? 無料版で使えるツールは? 無料版だけで使う価値は? 実際に使った感想は? など

本記事ではそんな疑問にお答えします。

 

この記事を書いている人は

Kamui Tracker(カムイトラッカー)を実際に使っているお父さん。

 

結論は:

  • アプリがないので使い勝手がNG!
  • キーワードのアドバイスは参考になる
  • 登録しても損はない

 

Kamui Tracker (カムイトラッカー)

無料で自分のユーチューブチャンネルの分析や

ジャンルごとのランキングを確認できる

kamui tracker(カムイトラッカー)というサービスをご紹介。

 

ざっくりしたサービス内容はこちらの動画から。

 

 

イメージ動画でよくわからない。。。

 

Kamui Tracker (カムイトラッカー)の特徴と便利な機能

4つのサービスが便利

適切なキーワードのアドバイス。

キーワードランキング

ベンチマークと比較

ランクシミュレーター

 

キーワードのアドバイス

適切なキーワードの選択はユーチューブSEO対策でとても重要なこと

SEO対策がされていない動画は数多くある動画の中で埋もれてしまい

検索結果や関連動画にも表示されません。

 

キーワードアドバイスをクリック

 

 

検索窓から自分がアップしようと思っている動画のキーワードを入力。

 

検索窓に「キーワード」と入れると:

  • 関連しているキーワード
  • そのキーワードを使った動画の平均再生回数
  • 7日間でアップされた動画の数
  • 7日間の再生回数

 

を確認できます。

 

このデータを元に過去7日間に数少ない最新動画

7日間の再生回数が高いキーワードを選べば

競合が少なく自分の動画の露出を高めることができる。

 

例えばこの骨折動画。

 

 

7日間の視聴回数は110万回!

 

 

でも、骨折に関する動画は7日間にたった4投稿

競合が少ないので関連動画に載れば定期的に再生される動画に!

 

キーワードランキング

キーワードを入力すると検索順位がチャンネルごとに表示。

 

気になっているキーワードを入力

自分のチャンネルが何位に表示されるか確認できる。

 

ちなみに「骨折」のキーワードだと自分のチャンネルは30位。

 

 

ベンチマークと比較

目標にしたいチャンネルと自分のチャンネルの数値を比較。

 

 

視聴者に人気の欄を参考に

ここから目標にしたいチャンネルを探そう!

 

 

はてちゃんが一番上に(誰?)。。。

 

 

女の子メイクするお兄ちゃんみたい。。。汗

 

これを入れてみましょう。

 

 

でも、何をどう比較して良いのかわからん。。。

 

 

ランクシミュレーター

自分と似たチャンネルと選択カテゴリーのTOPが見れる。

 

 

 

カテゴリ

18のカテゴリーから選べる

 

集計期間

5つの期間

 

登録日

1年か3年

 

グラフで確認できます。

 

 

ユーチューバーのアナリティクスとどう違うの?

違いは:

  • 他のチャンネルとの比較
  • キーワードに対するアナリティクス

 

Kamui Tracker(カムイトラッカー)に登録している

チャンネルと比較できるのがメリット。

 

注意点

登録チャンネルが少ない

2019年12月現在、チャンネル登録数は約10,000チャンネル。

 

 

母数が少ないのが、ちょっと気になるところ。

登録しているチャンネルしか比較できない。

 

登録条件は100人

登録するにはチャンネル登録者が100人必要。

 

ランキングはブログ見よう

週間クリエーターランキングで9つのカテゴリーを確認できます。

急上昇中の人気クリエーターを把握でき、コンテンツを参考にしよう。

 

まとめ

登録しても損はない

でも、たまにアクセスするぐらいで良いと思います。

ツールバーへスキップ