カナダのオススメお土産40選!可愛い雑貨、お菓子、食べ物以外。

カナダのお土産を探している。定番から変わり種のオススメは?メープルシロップ以外で喜ばれるお土産は?食べ物以外のオススメは?カナダの雑貨は?子供が喜ぶお土産は?お土産の費用を抑える方法 など

本記事ではそんな疑問にお答えします。

 

この記事を書いている人はカナダ在住歴20年ぐらいのお父さん。

現地在住者がオススメのお土産から定番までカナダで人気のお土産をご紹介します。

 

カナダのオススメお土産

 

カナダ定番のお土産はメープルシロップとアイスワイン!

定番からちょっと変わったお土産まで現地在住者がご紹介。

 

 

お菓子やスナック

メープル・クッキー

これも定番になっているメープル味のクッキー。親戚、同僚やお友達にはこれが配りやすい。価格は$2〜3前後

 

 

メープル・キャンディー

個別に包装されたキャンディー。

メープルキャラメルもあります。

職場などに持っていくと個装されているので便利。

 

 

メープル・ファッジ

ファッジはキャンディーの1種で砂糖、牛乳(練乳)、バターを溶かしてかき混ぜ、冷やしたお菓子。

価格は$5前後

 

 

メープル・ワッフル

ワッフルタイプのクッキー。

割れやすいのでお土産には向かないかも。

 

 

COFFEE CRISP

カナダの定番ハロウィンお菓子。

なんとメイド・イン・カナダ!アメリカでも販売したようですが、2009年に販売不振?でストップ。

お土産というよりも自分で一度食べてみるのがオススメ。

 

Coffee Crisp

 

チョコレート

Purdy’s Chocolatesはバンクーバーで1907年に創業した老舗チョコレート屋さん。

ショッピングモールに行くと店舗があります。

「purdys」の画像検索結果

ケチャップ味のポテトチップス

アメリカにもこの味はないそうです。カナダではいつも売ってます。

好き嫌いが分かれる味なので要注意。

まずは小さい袋で味を確かめてから買いましょう。

 

 

 

食品

サーモン

保存可能で重さを考慮するとスモークサーモンがオススメ。

缶詰は重いのでオススメしません。

価格帯も様々だが、現地のスーパーでは$20前後

 

 

ちなみにサーモンにも色々な種類があります。スモークサーモンはsockeye salmonがよく見る品種。

 

英語名 日本語 特徴
Sockeye Salmon 紅ザケ 塩焼きがベスト。カナダではスモークサーモンとしても人気。
King Salmon キンズサーモン(ますのさけ) 脂身があるのでスモークサーモンに最適。
Coho Salmon 銀ザケ 日本だとほぼチリ産 の養殖が多い。
Pink Salmon カラフトマス 身が柔らかくて揚げ物に最適。

 

 

サーモン・ジャーキー

お酒のおつまみにビッタリ。

サーモンの旨味がギュッとつまって噛みごたえのある味。

牛肉じゃないので、日本の持ち込みも可。

 

 

メープルシロップ

ド定番。世界に出回っているメープルシロップの約70%はケベック州で作られたもの。

アメリカの次に日本が2位の輸出先。

パンケーキにはメープルシロップが一番美味しい。

色と味は季節により変化。

値段もピンきりですが、140g入の瓶で$4前後

 

 

瓶や入れ物も様々。お土産物屋さんで売られているモノはクリアで淡い色調。

メープルシロップにはグレードがあり、透過性と2つの品質基準で決まる。

グレードは大きく分けて2つ。

カナダグレードAかそうじゃないか(プロセッシンググレードと呼ぶ)。

ざっくりした分け方。

 

名称 透過性 特徴
Golden 75%以上 繊細な味
Amber 50%〜74.9% 濃厚な味
Dark 25%〜49.9% しっかりした味
Very dark 25%以下 味が濃い

 

 

メープルシュガー

名前の通りメープルシロップからできた砂糖。

色が黒糖みたいでカルシウムやミネラルが豊富。

 

 

メープルスプレッド

メープルシロップを撹拌してクリーミーに仕上げたモノ。

クリーミーで濃厚。

パンの上にジャムみたいに塗ると美味しい。

塗りすぎるとすぐに無くなるので注意。。。

160gの瓶で$8前後

 

 

 

フレーバー缶詰など

基本的に缶詰は重いのでスーツケースに入れるのは不向き。

でも、日本ではあまり見ないフレーバー付きのツナ缶が多くあります。

ホテルで幾つか買って食べてみましょう。

 

 

オイスターやムール貝の缶詰はホテルでカナディアン・ウイスキーを飲みながら食べるのがオススメ。

 

 

グレイビーソース

カナダの国民食?

プーティン(Poutine)はグレイビーソースを固まったフレッシュチーズと

フライドポテトにかけたファーストフード。

 

筆者の大好物!食べ過ぎると100パー太ります!

グレイビーソースはローストをした肉汁をベースにワインや

ビールでのばして小麦粉や片栗粉で少しとろみを付けたソース。

 

 

 

飲料・アルコール

カナダ発の飲み物で想像するとアイスワインぐらい。

他にもカナダ人なら誰でも知っているコーヒー屋さんと

10年前に創業したティー屋さんがオススメ。

 

Tim Hortonsのコーヒー

誰もが知っているカナダのファーストフード。

コーヒーとドーナツ食べるなら大体みんなココ。

スーパーで普通に売っています。

ちょうどセール中でこの日は$7.49$6.99でした。

 

 

メープルティー

メープルフレーバーのお茶。

価格も高くないので1個ぐらいは購入しても良いかも。

でも、箱がジャマになるのでスーツケースには不向き。

箱は捨てて、ティーバッグのみの個装でばらまくには良いかもしれません。

テーバック25個入りで$4前後

 

 

メープルコーヒー

やっぱりありました。

メープルフレーバーのコーヒー。

 

 

アイスワイン

デザートワインとして有名。

アイスワインは寒さの厳しい地域で収穫はぶどうが凍っている間に行われる。

お酒が好きな人にはオススメ。

細長い200mlや375mlボトルが多い。

 

 

ウイスキー

カナダで安くて美味しいウイスキーはコレ!

Alberta Premiumはカナディアン・ウイスキー

酒屋へ行くとほぼ100%一番安い価格で売られています。

サントリーがジムビームを買収して現在はサントリーがブランドを所有。

 

 

メープル・ウイスキー

カナディアンウイスキーの定番。

Crown Royalのメープルフレーバーのウイスキーがオススメ。

香りも味もメープルの味がしてジンジャーエール(レモンを絞って)とミックスして飲むと美味しいですよ。

 

 

クラフトビール

バンクーバーもクラフトビールが豊富。

酒屋に行くとクラフトビール専用スペースがあるので

ぜひ、チャレンジしてみてください!

 

 

カナダでお酒を購入する際の注意点

・パスポートなど身分証明書が必要(英語で書かれている方がベスト)

・クレジットカードなど2つ目の身分証明書も必要になるのでパスポートに書かれている名前と同じクレジットカードがあると便利。

 

David’s Tea

モントリオールに本社のあるお茶の専門店。

色々なフレーバーがあり、見た目もオシャレなのでオススメ。

 

「david:s tea logo png」の画像検索結果

 

 

雑貨

マグカップ

大体どこのお土産屋さんにも置いてあります。

スーツケースに入れる時は梱包をしっかりしましょう。

 

 

マグネット・キーホルダー

冷蔵庫に付けるマグネットやカナダの国旗が入ったキーホルダーはカナダの100円ショップ(Dollarama)で安く購入しましょう。

 

 

ドリームキャッチャー

魔除けのお守りとして代々伝えられた先住民族の伝統工芸品。

枕元や寝室の窓に掛けておくことで、
「良い夢は中央の穴を通って眠っている人へ届き、

悪い夢は編み目に引っかかって朝日と共に消え去る」と言われている。

 

 

カレンダー

カナダの大自然を題材にしたカレンダーがオススメ。

カナディアン・ロッキーが1番カナダらしいですね。

 

 

ぬいぐるみ

カナダを代表する動物がオススメ。

ビーバー、ムース(ヘラジカ)、ホッキョクグマあたりがカナダらしい動物。

 

「canadian moose stuffed animal」の画像検索結果

 

トーテムポール

空港のギフトショップで小さいのが売ってます。

ちょっとした置物としていかがでしょうか。

 

 

ハーシェルサプライ

バッグがメインだが、最近は小物へ力を入れているバンクーバー発のブランド。

若者に人気あり。日本でもセレクトショップで購入できます。

 

「herschel supply logo」の画像検索結果

 

大人より子供用のバックパックが可愛いのでオススメ。

 

 

 

洋服・ファッション

カナダ発の有名ブランドはカナダグースルルレモンアークテリクス

日本ではマイナーですが、ルーツというブランドも。

カナダグースはダウンが有名。

ルルレモンはヨガウェア。

アークテリクスはアウトドアアパレル。

 

カナダグース

日本でも大人気のブランド。

日本より安く購入できるが、それでも価格が高いので家族のお土産なら毛糸の帽子ぐらいが適当。

日本と比べるとメンズとレディースの商品も豊富。

 

「canada goose logo」の画像検索結果

 

ルルレモン

バンクーバーに本社のあるヨガウェアのブランド。

日本にはない商品も現地にあるので女性には喜ばれるお土産。

 

「lululemon logo」の画像検索結果

 

アークテリクス

ノースバンクーバーに本社のあるアウトドアブランド。

鳥の恐竜化石のロゴが目印。日本でも人気で渋谷には路面店もあります。

 

 

ルーツ

カナダオリンピック選手のオフィシャルウェア。

 

 

NHLのTシャツ

カナダの国技はアイスホッケー。

ナショナルホッケーリーグ(NHL)のユニフォームは着る機会がないのでTシャツがオススメ。

 

Men's Vancouver Canucks Fanatics Branded Navy Primary Logo - T-Shirt

 

カウチンのセーター

羊毛の手編みセーター。

カウチンインディアン(先住民)が作ったナチュラルな仕上がり。

価格は$300前後が目安。

 

 

 

化粧品

m.a.c

トロントで創業した化粧品ブランド。

世界中で知名度のあるコスメブランド。

日本で買うよりも安いので要チェック。

 

「m.a.c logo png」の画像検索結果

 

絵本や雑誌・アメコミ(子供向け)

海外で安く購入できる英語の絵本や洋書もオススメ。

子供用の絵本は日本で買うよりも安く買える。

大人も自分の趣味の雑誌を自分用に買うのもベスト。

 

英語の絵本や教材

Dollaramaはカナダの100円ショップ。

実際には1ドル以上の商品も多数あるが、

ここで英語の絵本やアルファベットなどを勉強する教材が安く買えます。

シールもあるので小さい子供へのお土産はここがオススメ。

 

 

小さい子供にはステッカー(シール)がオススメ。

 

 

英語の雑誌

空港の売店で買うものアリ。

趣味の雑誌を外国の視点で見てもるのも面白い。

 

 

アメコミ

スパイダーマンやスーパーヒーロー系のファンなら本屋で購入しましょう。

 

 

電動歯ブラシ

現地のドラッグストアに色々なキャラクターの子供用電動歯ブラシがあります。

 

 

 

現地で食べよう! カナダ特産品

カナダで食べたいおすすめのシーフードはロブスターとカニ。

ロブスターは東海岸。

カニは西海岸で捕れます。

 

ロブスター

シーズンは4月〜6月。そして12月。

カナダ産のロブスターは東海岸のノバスコシア州、

ニューブランズウィック 州、プリンス・エドワード・アイランド州、

ニューファンドランド州、そ してケベック州沿岸で捕れる。

 

 

カニ

アメリカイチョウガニと呼ばれ、カナダの西海岸で捕れる。

アジア系スーパーに行くと生簀で生カニが売っています。

 

レストランでも食べれますが、

キッチン付きのエアビーアンドビーで滞在している方は自分で蒸して食べるのもオススメ。

 

長期滞在している方は自分でカニとりにチャレンジしてみては?

興味がある方は動画を見てください!

 

 

関連動画:イチョウガニを素手で捕まえる

 

関連動画:カナダのビーチがカニを捕まえる。ダンジネスクラブ。

 

地ビール

マイクロブルワリーと呼ばれる地ビールはカナダ全土で人気。

数多くのブランドがあるので滞在中に幾つか試してみましょう。

酒屋さんへ行くと地ビールの棚があるので要チェック。

 

 

ショッピング

ちょっとカナダと関係ないかも知れませんが、

Hudson Bayというカナダ老舗のデパートに安いポロラルフローレンがあるので覗いてみてください。

 

日本と比べると安いです。

 

日本のデパートを想像していくとガッカリするので、

地方都市にある3流デパートぐらいの気持ちで行くと良い。

 

店員さんはレジ付近にいるだけ。

待ってても誰も来ないので

日本のデパートと同じサービスを期待しないこと。

 

 

「hudson bay logo」の画像検索結果

お土産が買えるスーパーマーケット

食料品をお土産にする場合は現地のスーパーで購入しましょう。

お土産屋さんよりも安く購入できます。

 

よく見るスーパーを6つピックアップ。

 

メープルシロップ、メープルシュガー、メープルバター、

メープルティー、メープルコーヒー、メープルクッキー、

メープルキャンディー、メープルファッジ、スモークサーモン、

お菓子類はここで。

 

最後にカナダの百均もご紹介。

ここはちょっとしたお菓子類、子供用の知育教材的なモノなどが購入できます。

 

Safeway(カナダのスーパー)

アメリカ発のスーパー。現在はSobeysの参加。

「safeway logo」の画像検索結果

 

I.G.A(カナダのスーパー)

どちらかというと小さい町に多くあるスーパー。

「IGA logo」の画像検索結果

 

No Frills(カナダのスーパー)

格安スーパー。

「No Frills logo」の画像検索結果

 

Save on Foods(カナダのスーパー)

ブリティッシュコロンビア州に数多くあるスーパー。

「Save on Foods logo」の画像検索結果

 

Loblaws(カナダのスーパー)

カナダ最大のスーパーマーケット。他にも幾つかのブランドでスーパーを展開。

「Loblaws logo」の画像検索結果

 

Sobeys(カナダのスーパー)

カナダ第2位のスーパーマーケット。Safeway Canadaを2013年に買収。

Sobeys logo.svg

 

コストコ

日本で会員の方はカナダのコストコでも買い物ができる。スモークサーモン、メープルシロップはここで買うと安い。

「costco logo」の画像検索結果

 

Dollarama(カナダの百均)

カナダの100円ショップ。実際には1ドル以上の商品も多数ある。

「Dollarama logo」の画像検索結果

 

 

勝手にランキング トップ5

1位:メープルキャンディー

メープルクッキーは割れると心配?

キャンディーならスーツケースに大量に入れられ、重さのインパクトが少ない。

 

2位:スモークサーモン

なるべく安く購入するために現地のスーパーで買いましょう。

 

3位:Dollarama(カナダの百均)で買い物

ちょっとしたモノや雑貨など格安でばらまき用で使えるお店。

子供用のお土産は英語教材がオススメ。

 

4位:洋服・ファッション

カナダ発のブランドは現地では安く購入できます。

カナダグース、ルルレモンとアークテリクスは日本でも人気なのでオススメ。

 

5位:NHLのTシャツ

アイスホッケーはカナダの国技。

Tシャツは数があっても困りません。

部屋着としても使えるのでオススメ。